個人事業主から法人化することで、より社会的な認知や信用性が増します。したがって、金融機関等からの借り入れが高額な金額でできるようになるほか、法人化することで各種行政機関から受けられる助成金の種類数も増加します。したがって、経営面でより安定して活動することができるようになるわけです。

また、法人化することで税制面でもメリットがあり、その代表的な例としては、決算期において減価償却のように、固定資産などに関して一定額を減少させていくことがよりやり易くなるために、経費としてその金額を落とせるものが増加します。つまり利益を圧縮することができるため、結果的に節税につなげていくことが可能です。なお、法人にすることでその法人のルールに従って行動しなければならなくなるデメリットもありますが、税制面で受けられるメリットの方が一般的には大きいと考えられるために、法人にするケースが目立つことがよくあります。

その代表例が医療法人です。また、合同会社のように親族間経営や仲間内での法人立ち上げをするような場合でも受けられるメリットの方が多く、個人事業主から発展的に法人になるケースが多々あるのが現実です。このように、個人での事業展開にそろそろ限界を感じてきているような場合には、法人にすることでより大きな商売、事業展開を考えていくことになり、やりがいも個人でしていた時よりも大きく感じられるようになると言われています。

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です