最近は、会社をやめて個人事業主として働く人も増えてきました。収入アップを目指してであるとか、やりがいのある仕事を求めてであるとか、理由は様々ですがひとつ心に留めてほしいのは、それには大きなリスクが伴うということです。

もはや、会社の庇護はなく、仕事に関するすべての責任は自分に返ってきます。ただ目の前の仕事をこなしていればよいというわけにはいかず、将来のことも含めて自分がビジネスをどうコントロールしていくかの絵図を描いていかなければなりません。その際に、要検討となるのが、法人化するかどうかということです。

法人化には様々なメリットがあります。まず、税金が所得税から法人税に切り替わるので、年収の額によっては税金が大幅に少なくなります。それに、仕事をする上でも、個人名義より金融機関や取引先の信頼度が高まるのです。さらに、従業員にすることで自分の家族を社会保険に加入させることができるのもメリットとしては小さくありません。もちろん、デメリットも存在します。法人化すること自体に費用がかかりますし、年に一度決算を行わなくてはならないのもかなりの手間です。それに、たとえ赤字でも均等割負担における税金が発生してしまいます。

これらのメリットとデメリットを秤にかけて、どちらを選ぶかを決めねばなりません。このように、独立するということは仕事に関するすべてのことを自己判断に基づいて行わなければならないということなのです。将来的な法人化を考えている人は、まず「個人事業主からの法人化計画」を読み、習得しておくべき情報をしっかり頭に入れておきましょう。

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です